診療所について
診療所について

痛みの少ない安心な大腸内視鏡検査

女性のがん死亡原因の一位は大腸がんで、近年大腸がんは増加しています。

がんが心配なので大腸内視鏡検査をしたいけれど、痛いのは苦手だからとしり込みしている方も多いです。

東京の荒川区にある荒川外科肛門科は、年間4000件もの検査実績をもつ病院です。

内視鏡検査は最新の機械を使い、徹底した衛生管理の下で行われます。

大腸は曲がりくねっているため、内視鏡を通す際に痛みを感じる方もいます。

麻酔薬を使って苦痛を和らげてから検査を行うこともできるので、痛みに弱い方でも安心です。

大腸の検査前には腸内を空にする必要があります。

その為下剤を飲まなければなりません。

その前処置を自分のペースで自宅で行って、検査当日に病院に行けばいいのも気分的に楽です。

検査は20分前後で終わるので日帰りで受けることができます。

JR常磐線「三河島駅」より徒歩5分と好立地で医院裏には、コインパーキングもあるので車でのアクセスも良好です。

確かな実績と最新の機械がそろった荒川外科肛門科で大腸内視鏡検査を受けてがんの早期発見を目指しましょう。